虚構世界で朝食を

Breakfast at fiction world

徒然執筆記

執筆小話:②書けるペンとジンクス

前記事の続き。 執筆中に掠れてしまった愛用ボールペンなのだが、その時にまだ書きたいことがあった為、久しぶりに違うペンを取った。万年筆。PILOTのCUSTOM74である。 <写真: PILOTの万年筆「CUSTOM74」。このペンは筆者にとって、ジンクスがある> この…

執筆小話:①書き物道具、ボールペン

昨日、ノートにぐりぐりと書いていたら、ペンのインクが出なくなった。ボールペンだ。Parkerだ。三週間前に買ったばかりだ。だから何だ、というのでもないがParkerの名誉の為に言っておくと、決して品質が悪かったわけでは全くない。今まで使ってきたものの…