虚構世界で朝食を

Breakfast at fiction world

進展

しばらくネットの世界から離れていた。多分、十日くらいは経ったんじゃないかと思う。一応、現実世界での報告をいくつか。 この十日間で一番のビッグ(?)ニュースは、古物商の許可申請の手続きが進んで、四日前に警察から営業所の確認があったことだ。営業所…

作家志望の孤立

文士村、文学サロン、文芸部・サークル……文学団体ということを考えた時に浮かんでくるのはこれらの言葉。私はこれらのものに少なからぬ憧れを持っている。そのどれもに一度も所属しなかった。この文章は、孤立している作家志望の方にはご理解頂けるものだと思…

スタート地点のスタート地点

この一ヶ月、頭の中が破裂しそうな時が沢山あった。何度か病院にも行った。医者から薬をもらって飲んだ。治らないことは分かっている。道ばたで偶然すれ違った、かつてのクラスメイトに非道いことを言われたような気もする。多分、どうでもいいことだ。仕事…

夏の暑さは観念を溶かす

暑い。頭の中でいくら御託を並べるのが得意でも、この暑さを殺せるのは25度のクーラーだけだ。心頭滅却すれば火もまた涼し、と禅宗ばりの観念論を唱えてみても暑いもんは暑い。グラスに氷を敷き詰めた一杯のアイスコーヒーの方が遙かに役に立つ。ひとはパ…

自由人一ヶ月目

仕事を辞めてから一ヶ月が経った。そろそろここらで近況報告でもしておこうと思い立ったので書く。 私は割と元気にやっています、と書くと、病棟から手紙を出す少女が書くような文面を思わせるので気が引けるが、それなりに平穏な日々を送っているので、気持…

「愚者」とマイノリティーの幸福

今日は執筆とはあまり関係の無い話。全く関係ない。 半年前くらいからタロットにはまっている。といっても、少し囓った程度で、ケルト十字(という占い方がある)ばかりを広げて、カードの前でうんうん唸っていたりしている。占いなんて嘘くさい迷信の一種で…

執筆小話:②書けるペンとジンクス

前記事の続き。 執筆中に掠れてしまった愛用ボールペンなのだが、その時にまだ書きたいことがあった為、久しぶりに違うペンを取った。万年筆。PILOTのCUSTOM74である。 <写真: PILOTの万年筆「CUSTOM74」。このペンは筆者にとって、ジンクスがある> この…

執筆小話:①書き物道具、ボールペン

昨日、ノートにぐりぐりと書いていたら、ペンのインクが出なくなった。ボールペンだ。Parkerだ。三週間前に買ったばかりだ。だから何だ、というのでもないがParkerの名誉の為に言っておくと、決して品質が悪かったわけでは全くない。今まで使ってきたものの…

二週間が経ち、ハレはケとなる

新しい生活が始まって二週間が経ったが、未だに足が浮ついたような日々を送っている。何時に起きるのも自由だし、何時に寝るのも自由。何処かに出掛けても良いし、何処かに出掛けなくとも良い。あれほど渇望した自由の日々は、始まると駆け足で去って行くよ…

作家になる為に仕事を辞めました

世の中には、酔狂な人間がいる。こんなタイトルの記事を上げている時点で、私にもその資格は十分にある、というかとうの昔に「そちら側」の人間になっていることには既に気が付いているつもりだ。辛うじて首の皮一枚を、現実社会の方に繋ぎ止めていたのは仕…

Re:START

初めまして、と言うべきか、お久しぶりです、と言うべきか。多分その比率は99:1くらいなのだろうけれど、ここに記すのに丁度良い、ぴったりくる言葉が見つからなかったので、『こんにちは、ハロー』とでも言っておこう。きっと現実で私はこんなことを言…